職場で孤立してつらい気持ちを解消するには?ケース別の対処法も解説!

サラリーマン

今の職場で孤立してとてもつらい・・・・・

あなたは今、このような悩みを抱えているのかもしれません。

職場で孤立してしまうと、毎日仕事に行くのがとてもつらくなってしまいます。

今回は、そのような状況を解消するために

今回のテーマ
  • 職場の孤立のつらさを解消する方法
  • 職場で孤立する人の特徴
  • (ケース別1)嘘やデマを流されて孤立した場合の対処法
  • (ケース別2)仕事への意識に温度差があって孤立した場合の対処法
  • どうしても孤独のつらさに耐えられない場合は?

についてお伝えします。

下に目次がありますので、気になる内容からぜひ読んでみてください。

 

職場の孤立のつらさを解消する方法

この方法については、全部で5つあります。

ここで紹介した内容を一気に実行しようとしなくて大丈夫です。

出来そうなことから、1つ1つ取り組んでみてください。

孤立のつらさを解消する5つのポイント
  1. まずは自分からあいさつをする
  2. 普段からお礼や謝罪の言葉を言うようにする
  3. 分からないことを1つ質問してみる
  4. 1人で抱え込まないようにする
  5. 気軽に話せる相手を見つけておく

それでは、1つずつ順番に説明していきます。

 

まずは自分からあいさつをする

もしあなたが職場で自分からあいさつをしていない場合は、あいさつから始めてみましょう。

あいさつをしない人が職場にいた場合、どうしても悪印象を抱いてしまいます。

また、あいさつをしないと、会話のきっかけが生まれません。

孤立しないためには、会話のきっかけを作ることが1つのポイントです。

自分からあいさつをすることで、会話のきっかけを作ることにつながります。

 

普段からお礼や謝罪の言葉を伝えるようにする

あいさつをするようになった場合、次に実行してほしいのがこのポイントです。

いくら感謝や謝罪の気持ちを心の中で抱いていたとしても、相手には伝わりません。

相手に何かをしてもらったときは「ありがとうございます」

ミスをしてしまったときは「申し訳ありません」

ときちんと言葉で伝えることで、あなたの気持ちを相手に伝えることが出来ます。

そうすることで、相手とあなたとの間に関係性が生まれます。

 

分からないことを1つ質問してみる

仕事をしていると、どうしても自分1人で判断できないことや分からないことが発生します。

その時に、自分1人で解決しようとすると、ムダに時間がかかってしまいます。

そのような状況を防ぐには、すぐに質問することです。

どの職場にも

●質問しやすい相手

●質問しづらい相手

がいるものです。

あなたにとって質問しやすい人を選んで、分からないことを聞いてみましょう。

 

仕事を1人で抱え込まないようにする

●分からないことがあるのに質問しない

●その結果、やるべきことに時間がかかりすぎてしまい、周囲に迷惑をかけてしまう

●周囲と気まずい関係ができてしまう

●そうすると、ますます孤立をしてしまう

コレ、職場で孤立しやすい人が陥りやすい状況です。

 

そうならないためには、分からないことを聞くことも解決策の1つですが、それ以外にも

●どこまで進んでいるのかを上司や先輩に伝えておく

●どうしても仕事量が多いと感じる時は、相談する

といった方法があります。

 

気軽に話せる相手を見つけておく

職場での孤立を防ぐために、全員と仲良くなる必要はありません。

そんなことは、そもそも不可能です。

たとえ1人であっても、気軽に話せる相手を見つけることが出来れば、それだけで孤立感を抱かずに済みます。

見つける方法ですが、それほど複雑に考える必要はありません。

サラリーマン

あ、何だかこの人とは話しやすいな

と感じる人を直感で選べばよいのです。

職場で孤立する人の特徴

次にお伝えするのは、孤立しやすい人の特徴です。

このポイントを知っておくことで、孤立しないために気を付けるべき点を知ることにつながります。

職場で孤立する人の主な特徴
  1. 言い訳が多い
  2. アドバイスを聞こうとしない
  3. 自己流で仕事を進めたがる
  4. 勤務態度に問題がある
  5. 被害妄想が激しい

この5つが、職場で孤立する人の主な特徴です。

それでは、1つずつ説明していきます。

言い訳が多い

あなたの職場にも、何かにつけて言い訳をする人はいませんか。

遅刻したときに「電車が遅延して・・・・・」(実際は遅延していない)

ミスをしたときに「○○さんから言われたとおりにやりました」(実際は勝手に判断した)

このような言い訳を繰り返してしまうと、周囲はその人に対して

「どうせこの人は言い訳ばかりするから、あまり関わりたくないな」

と思ってしまいます。

 

アドバイスを聞こうとしない

先輩や上司がせっかくアドバイスをしたにもかかわらず

●アドバイス内容を1つも実行しない

●アドバイスを聞いているフリだけをする

そんなことを続けていると、やがて誰も何も言ってくれなくなります。

 

自己流で仕事を進めたがる

先ほどの「アドバイスを聞かない」という点と似ていますが、それ以外にも

報告・連絡・相談を一切しない

会社の方針と異なることを平気でする

という点が、自己流で仕事を進める人の特徴です。

普段から報告・連絡・相談を行なってくれる人が失敗してしまったときは、まだフォローの余地が残されています。

なぜなら、その人(失敗した人)の状況を把握しているからです。

ですが、何でもかんでも自己流で仕事を進められてしまうと、何かトラブルがあった時にフォローのしようがありません。

その結果、誰の助けも得られなくなってしまいます。

 

勤務態度や勤務中のふるまいに問題がある

●挨拶をしない

●遅刻が多い

●会議や研修の集合時間に遅れて入室する

●服装がだらしない

●会社のルールを守ろうとしない

●勤務中に私語が多い(仕事と関係のない話ばかりしている)

このような人がいた場合、最初の方は上司や先輩が注意をしますが、なかなか改善しないと

先輩

この人には何を言ってもムダ・・・

と思われてしまい、見放されます。

 

先日、ネットでニュースを見ていると、

会社の研修中にアイスを食べていた新人がいた

という情報を見つけたのですが、ここまでくると手に負えませんね。

 

被害妄想が激しい

これも、孤立しやすい人の特徴の1つです。

日々の先輩や同僚の言動をふまえて

「あの先輩は、絶対に僕のことを嫌っているに違いない」

「○○さんは、私のことを見下しているのでは」

といったことを感じる人がたまにいるのです。

そんなことばかり考えているのは、自ら周囲との間にを作っているようなものです。

良くも悪くも、人は他人にそれほど関心を持っていません。

他人の事よりも、自分の事の方が100億倍大切です。

ですので、相手の言動に対していちいち深読みする必要はないのです。

 

嘘やデマを流されて孤立した場合の対処法

ここからは、ケース別の対処法についてお伝えします。

あなたの職場にも、ありもしない話をでっちあげて周囲に吹聴する人はいませんか。

これを得意技としているのが、お局だと思います。

実際に私も、お局によってウソの情報を流されて被害を受けたことがあります。

そのような状況になった場合の対処法は

  1. 異なる情報に関しては「違います」と言い張る
  2. あとは相手にしない

この2つです。

1つ目については、「自分が正しい」ことを相手に認めてもらえなくても大丈夫です。

あなたが正しいのか、それともウソの情報を流した相手が正しいのか、第三者には正確に判断できないこともあるからです。

 

とはいえ、一方的に自分が悪者にされてしまうと、腹が立ちます。

たとえ信じてもらえなくても、自分の主張を表明すれば、怒りの気持ちを静めることが出来ます。

自分の主張を伝えた後は、放っておきましょう。

ウソの情報を流す人の相手をしている時間は、あなたにはないと思います。

開き直って無視を決め込んでおけば、お局さんたちは勝手に次のターゲットを探します。

 

仕事への意識で温度差があり孤立した場合の対処法

サラリーマン

自分は一生懸命仕事に取り組んで成果をあげている。

なのに他のメンバーの仕事への意識が低すぎてイライラする!

もしこのような状況になっているのであれば、今の職場の環境はあなたに合っていない可能性があります。

そのような状況を変えるために他のメンバーに発破をかけても、何の意味もありません。

そんなことをしても、ますます孤立するだけです。

解決策は、環境を変えることです。

 

周囲の意識が低いと、どうしてもその状況が当たり前になってしまいます。

そうすると、あなたのビジネスマンとしての能力を発揮できないだけでなく、低下していきます。

まさに、宝の持ち腐れになってしまいます。

そうならないために、あなたの能力を発揮でいる会社を探してみることをおすすめします。

 

どうしても孤立のつらさに耐えられない場合は?

サラリーマン

孤立しないために出来る事はやってきたのに、一向に状況が変わらない

もう我慢の限界・・・・・

もしこのように感じているのであれば、環境を変えるために動き出すことをおすすめします。

日々のストレスがたまっているにも関わらず、我慢を続けてしまうと、状況はさらに悪化します。

とはいえ、

サラリーマン

最近転職を考え始めたんだけど、どのように転職活動を進めればよいのか分からない・・・・・

もし転職してうまくいかなかったらどうしよう・・・・・

このように考えてしまうのも無理はありません。

転職は、人生における大きな決断の1つです。

ですので、転職活動に関しては誰もが慎重になり、いろんな不安を抱えてしまうものです。

そんな時にあなたの味方になってくれるのが、転職エージェントです。

 

転職エージェントを利用すると

転職エージェントを利用するメリット
  1. 転職のことや今後のキャリアについての相談ができる
  2. 履歴書や職務経歴書の添削や面接対策を行なってもらえる
  3. 面接であなたが伝えきれなかったことを、代わりに伝えてもらえる
  4. 非公開求人を紹介してもらえる
  5. 企業の内部事情に関する情報を入手できる
  6. 企業との面接の日程調整を行なってもらえる
  7. 企業との年収交渉を行なってもらえる
  8. 内定を辞退する場合はエージェントから連絡してもらえる

上記のサービスを無料で受けることが出来ます。

 

転職エージェント会社で特に有名なのが

●リクルートエージェント

●マイナビエージェント

●doda

この3つです。

 

特におすすめなのが、マイナビエージェントです。

先ほど紹介した3つのエージェント会社の口コミを100件ずつ調査したところ

口コミの調査項目
  • 紹介される案件は自分に合ったものだったのか(案件の質)
  • 担当者は親切・丁寧にサポートしてくれたか(サポートレベル)
  • 履歴書や職務経歴書、面接などに関するアドバイスは役に立ったか(アドバイス内容)

優良なエージェントかどうかを判断するうえで重要となる上記の項目のすべてで、マイナビエージェント1位となりました。

 

もし迷っているのであれば、登録を済ませて1度エージェントの方と企業の選び方や転職活動の進め方について話をしてみることをおすすめします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です