仕事ができない不安から解放されて有能な人間になるための方法は?

サラリーマン

仕事ができない不安から解放されるためにはどうすればいいのだろう・・・・・

あなたは今、このようなことを考えているのではないでしょうか。

また、自分が仕事ができる人間なのかどうか、どのように判断すれば良いか分からず困っているかもしれません。

そこで、今回は

今回のテーマ
  • 仕事ができない不安から抜け出す方法
  • 仕事ができる人間になるための方法
  • 仕事ができるようになっているかどうかを判断する方法
  • 仕事ができない人の行動の特徴
  • 仕事ができない人の発言や会話の特徴

についてお伝えします。

 

仕事ができない不安から抜け出すための方法

仕事ができない不安から抜け出すためには、今日からできることを実行することです。

いきなり大きな成果を出す必要なありません。

今日から誰でもできることは、5つあります。

仕事ができない不安から抜け出す方法
  1. ミスを減らす(ゼロにする)
  2. 締め切りを守る
  3. 分からないことは聞く
  4. 1日のスケジュールを立ててから仕事に取り掛かる
  5. 1日5分、仕事の状況を振り返る時間を作る

それでは、1つずつ具体的に説明していきます。

 

ミスを減らす(ゼロにする)

ミスの種類には

●頼まれたことをやり忘れた

●資料に誤字脱字が多い

●発注数を間違えてしまった

●一斉送信メールを送ってしまった

など、さまざまな種類があります。

ミスを減らすだけで信頼を積み重ねていくことが出来ます。

 

●どのようなミスが多いのか

●どうすればミスを防ぐことが出来るのか

この2つを考えて実行してみましょう。

 

締め切りを守る

これも、上司や先輩から信頼を得るうえで大切なことです。

締め切りを守れない人の特徴は

●取り掛かりが遅い

●完璧主義(100点を目指す)

という傾向があります。

 

●完成度が100点で、締め切りに間に合わない

●完成度が70点で、締め切りに間に合う

仕事で評価されるのは、後者の方です。

早めに提出しておけば、もし上司からやり直しを命じられても、まだやり直す時間が残されています。

 

分からないことは聞く

分からないことを勝手に判断して仕事を進めると、あとでやり直すのが大変です。

それを防ぐには、普段から疑問点があれば質問することが大切です。

時々

上司

同じことを2回も聞くんじゃない!

と注意をする上司がいますが、あまり気にしなくてよいです。

1回教えてもらっただけで内容をきちんと理解できる人は、滅多にいません。

多くの人は、2~3回同じ質問をして、ようやく理解できるものです。

もちろん、5回も6回も同じことを質問するとさすがに怒られますので、忘れないようにメモを取るようにしましょう。

 

1日のスケジュールを立ててから仕事に取り掛かる

仕事のスピードが遅い人は、今日1日どの仕事をどの順番で行うのかを決めない傾向があります。

サラリーマン

今から何の仕事をしようかな

とボーっと考えているうちに30分が過ぎてしまいます。

その結果、何をするのか決めることに時間を使いすぎてしまって、仕事があまり進みません。

それどころか、はかどっていないことを自覚しないまま、何日も何週間も過ごしているのです。

そうならないためには、出社したときに、段取りを決めてから仕事に取り掛かるようにしましょう。

 

1日5分、仕事の状況を振り返る時間を作る

●今日はどこまで仕事を進めることが出来たのか

●どのような成果を出すことが出来たのか

このように、1日の状況を振り返ることで、明日までにやるべきことや今後の課題が見えてきます。

 

ここまで、仕事ができない不安を取り除くために大切なことをお伝えしてきました。

とはいえ、現実には、社長や上司によって仕事ができないと思い込まされているというケースもあるのです。

社長

昔はもっとお客さんが来ていた!

この会社にプロはいない‼

このような洗脳が繰り返される環境に居続けると、不安を取り除くことが出来なくなります。

もしあなたが、

サラリーマン

確かに、仕事ができないと思い込まされているような気がする

自分の市場価値がどれぐらいなのかを知りたい

と思っているのであれば、転職エージェントのサービスを利用して、あなたに合った会社を探してみることをおすすめします。

あなたに合った会社を見つけるためには、

●自分の経験や強みを活かせる会社はどの会社なのか

●あなたが興味を持っている会社の社風や評価制度

●年収はどれぐらいもらえそうなのか

といったことについて、エージェントの方に質問してみましょう。

仕事ができる人間になるための方法

この章でお伝えする方法は、仕事のスキルを高めるための方法です。

ここで紹介することを意識して実行することで、仕事ができる人の仲間に入ることができます。

そのための方法は、4つあります。

仕事ができるようになるための方法
  1. 仕事を通して実現したいことを考える
  2. 数字で判断できる成果を出すことを意識する
  3. 仕事や職場環境の改善点を探してみる
  4. 仕事ができる人からアドバイスを受けてみる

それでは、1つずつ順番に説明していきます。

 

仕事で実現したいことを考える

ここで言う実現したい事というのは、営業成績1位を取るといった数値目標ではありません。

●仕事を通して、どのようなことを成し遂げたいのか

ということです。

例えば

●美味しい料理を提供することで、お客様を幸せにしたい

●勉強が苦手な生徒が、勉強を通して自信を持てるようにサポートしたい

●高品質のITシステムを開発することで、お客様が効率よく仕事を進められるようにしたい

 

内容は何でもよいですし、誰かに話す必要もありません。

●何のために仕事をしているのか

普段からこのことを意識することで、仕事にやりがいが生まれます。

 

数字で判断できる成果を出すことを意識する

●昨年と比べて利益が10%上がった

●コストを20%下げることが出来た

●3件の会社と契約を結べた

●先月と比べて来店者数が20人増えた

●社員の残業時間を1時間減らすことが出来た

このように、目に見える形で成果を上げておくと、評価を得やすくなります。

 

とはいえ、何となく仕事に取り組んでいて成果が出るほど、甘くはありません。

●どのような成果を出したいのか

●そのために、どのような取り組みをするのか

●決めた取り組みによって、どれぐらいの成果が出たのか

●改善点は何なのか

これらのことを日々考えて実行することによって、成果を出せるようになってきます。

 

仕事や職場環境の改善点を探してみる

●今の作業にはムダな点が多い

●業務手順のマニュアルを修正した方が良い

●オフィスの清掃担当を決めた方が良い

●月に1回、お客様に状況確認のための連絡をした方が良い

このように、仕事をしていると様々な気づきを得ることが出来ます。

少なくとも、今の状態が完璧ということは、あり得ないです。

サラリーマン

どのポイントを改善した方が良いのか

ということを普段から意識することで、これまでスルーしていたことに気づくことが出来ます。

 

仕事ができる人からアドバイスを受けてみる

もしあなたの会社に仕事ができる人がいるのであれば、その人からアドバイスを受けることも有効な方法です。

アドバイスを受ける相手の選び方ですが、社内ナンバーワンの成果を上げている人を選ぶと失敗することがあります。

例えば、新人の塾講師が林修先生の真似をしようとしたとします。

そうすると、経験や力量が違いすぎて、何をどのようにマネすればよいか見当がつきません。

実際に、社内でトップの成果を上げている人の方法と言うのは、生まれ持った部分も含まれています。

ですので、アドバイスを受ける時はあなたより少し先を進んでいる人を選ぶようにしましょう。

 

仕事ができるようになっているかどうかの判断基準

サラリーマン

仕事ができるようになっているかどうか、自分で判断するのはなかなか難しい

私も、このように思ったことがあります。

前職では、評価基準が一切なく、上司からのフィードバックもありませんでしたので、自分の仕事のレベルがどれぐらいなのかを把握するのに困りました。

とはいえ、そのような場合でも、自身の成長を確認することが出来ます。

その方法は

スキルアップできているかの判断基準
  1. お客様から感謝される機会が増えたかどうか
  2. これまで気づけなかった自分の課題や会社の改善点に気づけるようになったか
  3. 数値で判断できる成果を出せるようになったかどうか

この3つです。

この基準であれば、自分で自分を評価することが出来ます。

さすがに、3ヵ月前や半年前と比べてしまうと、あまり変わっていないという結果になることが多いです。

1~2年前と比べて成長したポイントを実感できているのであれば、仕事ができるようになったと考えても良いです。

 

もしかすると

サラリーマン

明らかに成果を上げているのに、会社は自分のことを全く評価してくれない

と思っているかもしれません。

そのような状況を、私も経験したことがあります。

いくら成果を出してお客様から感謝されるようになっても、会社から評価を得られなければ、やはりむなしいです。

何のために頑張っているのか、分からなくなってしまいます。

そのような場合は、これまで自分が取り組んできたことや成果を評価してくれる会社で仕事をすることを考えてみてはいかがでしょうか。

 

ある職場では仕事ができない人と評価されていたのに、転職をすると仕事ができる人と評価されるケースは、珍しくありません。

なぜなら、会社によって評価基準が異なるからです。

また、会社があなたに対して仕事ができない人というレッテルを貼ると、上司や先輩はいつまでもあなたのことを雑に扱ってきます。

 

そのような状況を抜け出すには、職場を変えることです。

とはいえ、実際に職場を変えるのに勇気がいるのも事実です。

●本当に自分は内定をもらることが出来るのか・・・・・

●転職先がブラック企業だったらどうしよう・・・・・

●面接で自分の言いたいことを話す自信がない・・・・・

そのような不安を少しでも解消するには、転職エージェントを利用して転職活動を進めることをおすすめします。

自分のことを応援してくれて、様々なアドバイスをくれるエージェントの存在は、不安になった時の心の支えになります。

 

仕事ができない人の行動の特徴

ここからは、仕事ができない人の特徴について説明します。

もし、ここで紹介することに当てはまってしまった場合は、1つずつ改善を重ねていくようにすることをおすすめします。

まずは、行動編です。

仕事ができない人の行動の特徴
  1. ミスが多い
  2. 締め切りを守れない
  3. 報告や相談をしない
  4. 周囲の士気を下げる
  5. 言われたことしかできない(やらない)

それでは、1つずつ説明していきます。

 

ミスが多い

最初のうちはミスをしても大目に見てもらえます。

ですが、いつまでもミスを繰り返していると、仕事を任せてもらえなくなります。

 

締め切りを守れない

締め切りを守れない人と言うのは、だいたい決まっています。

そのような人は、周囲から

●時間にルーズな人

と思われてしまいます。

締め切りを守らないと、次の作業に移ることが出来なくなり、他の人に迷惑をかけてしまいます。

 

報告や相談をしない

仕事を進めるうえで、報告や相談を一切しない人がいたとします。

そうすると、上司は

上司

本当にきちんとできているのだろうか・・・

と不安になってしまいます。

また、報告や相談をしない人に限って、指示したことと違うことをやっているケースが目立ちます。

 

周囲の士気を下げる

●頼まれた仕事を引き受ける時に、イヤイヤ引き受ける

●ため息が多い

●他人の提案に対して否定ばかりする

●電話に一切出ようとしない

●私語が多い

普段から職場の人の迷惑をかけている人は、結果的にお客様にも迷惑をかけているものです。

 

言われたことしかできない(やらない)

慣れないうちは、言われたことをきちんと実行することが大切です。

ですが、2~3年経っても、言われたことしかやらない人が時々います。

自分なりに課題や改善点を見つけられるようにならなければ、仕事をする上でのスキルを高めるのは難しいです。

 

仕事ができない人の会話や発言の特徴

続いては、会話や発言の特徴を紹介します。

もし、1つでも当てはまっている場合は、今日から改善することを心がけましょう。

そうするだけで、評価を下げずに済みます。

仕事ができない人の会話や発言
  1. 言い訳が多い
  2. 文句が多い
  3. 精神論が多い
  4. お客様の悪口ばかり言う
  5. 質問に対する答えが不適切
  6. 絶対に出来ないことを「できます」と言ってしまう

それでは、1つずつ説明していきます。

言い訳が多い

「電車が遅延したせいで遅刻しました(実際は遅延していない)」

「教えてもらっていないのでできません」

「(失敗したときに)○○さんがきちんとしてくれなかったせいです」

「(連絡事項が伝わっていなかったときに)メール見ていませんでした」

このような言い訳を聞かされる側としては、完全に呆れています。

 

文句が多い

「給料が安い」

「経営者は無能」

「上司は人を見る目がない」

「これは自分のやりたい仕事ではない」

「自分だけ仕事量が多い」

文句ばかり言っている人は

サラリーマン2

私は問題を解決することが出来ません

と自己紹介しているようなものです。

また、聞かされている方はウンザリしてしまいます。

 

精神論が多い

「気合いでガンバリマス‼」

「寝ずにやります‼」

「徹夜してでもやります‼」

このように精神論を述べたとしても、何をどのように頑張るのかが周囲には伝わりません。

聞いている人に伝わるように話すためには、数字を入れて伝えるようにしましょう。

 

お客様の悪口ばかり言う

「先ほどのお客さんは些細なことでイライラしていた」

「私がきちんと説明したのに、お客さんは理解してくれない」

「生徒がなかなか勉強しない」

このように、お客様の悪口ばかり言う人で、仕事ができる人はいません。

 

●お客様がカチンとくるまえに、先回りして不満を取り除くにはどうすればよいのか

●どのように説明すれば、お客様は理解してくれるのか

●生徒が自分から勉強するためには、どのように関わればよいのか

このような視点で考えられるようになると、仕事ができるようになってきます。

 

質問に対する答えが不適切

上司

昨日頼んでおいて仕事は終わったか?

サラリーマン2

今からやります

(翌日)

上司

今日はお客様のところに何件訪問するの?

サラリーマン2

今日は資料作成をしようと思っています

1つ目の質問に対しては「できていません」

2つ目の質問に対しては「1件です(訪問件数を答える)」

というのが、適切な答え方です。

 

絶対にできないことを「できます」と言ってしまう

自分を大きく見せてしまうタイプの人に見られる発言です。

言っている本人としては、やる気をアピールしているつもりなのでしょう。

とはいえ、できないことを「できる」と言うことは、ある意味、責任感がない発言でもあります。

上司

自信満々に「できる‼」と言っていたから任せたのに、結局できていないじゃないか‼

上司として、最も避けたいケースです。

 

できるかどうか不安だけれど、やりたいと思う仕事であれば

●いつまでに終わらせるのかを伝える

●誰に手伝ってほしいのかを伝える

●途中で進捗状況を報告する

こうすることで、上司の不安を取り除くことが出来ます。

 

仕事ができないから転職したい!その前にやるべきこと

サラリーマン

今の仕事は苦手でやりたくないことだから、転職しようかな・・・・・

このように考える人が、時々います。

とはいえ、このような後ろ向きな気持ちで転職活動を始めても、なかなかうまくいきません。

では、このような場合は、実際に転職活動を始める前にどうすればよいのでしょうか。

取り組んでおきたいことは、4つあります。

転職活動前にやっておきたいこと
  1. 現状の課題を改善する
  2. 転職を通して実現したいことを決めておく
  3. やりたい仕事があれば、その理由を答えられるようにする
  4. これまでの経験を次の仕事でどのように活かせるのかを考えてみる

1つ目に関しては、自分1人で取り組めることです。

現状の課題をどのように改善することが出来たのかをアピールすることができれば、面接官に

面接官

この人は、問題点を解決しようとする人なんだな

と思ってもらうことが出来ます。

 

他のものについては、なかなか自分1人で考えることが難しい場合もあります。

とはいえ、これらの内容は面接でも聞かれることですので、聞かれたときはきちんと答えられるようにする必要があります。

 

サラリーマン

自分の考えが、まだきちんと固まっているわけではない・・・

面接で、聞かれたことに対してきちんと答えられるかどうか不安だ・・・

そのような場合は、転職エージェントの方との面談を通して、自分の考えをしっかり固めていく方法を選ぶこともできます。

私も、エージェントの方と話をすることで、自分の考えを固めることができました。

また、面接や書類の書き方のアドバイスを受けることもできます。

もし転職活動をする場合は、転職エージェントを利用することを1度検討してみてみることをおすすめします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です